本文へ移動

再生間柱

再生間柱について

再生間柱
端材を再生し、製品化

再生間柱とは

再生間柱は、同じ敷地内で排出された端材を再生し製品化します。
それにより運搬に係るコストを削減する事が出来ます。
また運搬時に排出されるCO2の削減も出来ます。
端材の再活用の観点からも環境に優しい商品です。

再生間柱の詳細

プレカットなどでできた端材を…
同じ敷地内で排出された端材を再生し、製品化します。
再生された木材は自社工場で加工し、間柱として、羽柄プレカットパネル工法の下地として使用します。
再生間柱として製品化
原料樹種
欧州赤松・ホワイトウッド・杉等
比較的やわらかい樹種が適しています。
 
完成サイズ
30×105×(4000・3000)mm
30×120×(4000・3000)mm

持続可能な社会への取り組み

大森木材は、「低炭素社会」「循環型社会」「自然共生社会」への取り組みを重視し、循環意識の高揚を図り、環境の保全と改善に努め、推進しています。
持続可能な社会への取組み
低炭素社会…温室効果ガス排出量の削減
自社工場で出た端材を再利用することで環境に関わるCO2を削減。

循環型社会…3Rを通した資源循環
リデュース:省資源サイズの生産
リユース:自社廃出分の再生使用
リサイクル:他社廃出分の再生使用
 
自然共生社会…自然生態系への配慮
合法木材・森林認証材の使用

木材リユースチャート

木材リユースチャート
大森木材株式会社
〒457-0038
愛知県名古屋市南区桜本町35番地
TEL.052-819-1700
FAX.052-819-1280
木材総合販売、建築請負施工、木材のプレカット
TOPへ戻る